読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かげろう日誌。

日常生活や感想、LoLをはじめ趣味などについて細々と書いています。

LoLのお話:サモナーレベル30になりました

LoL 日常

League of Legendsの日本サーバーでのサモナーレベル(アカウントのレベル)がついに上限の30になりました。これからは保有チャンピオンを増やすことでランク戦と呼ばれる公式戦へ参加することが可能になります。先日のアップデートでレベルアップに必要な経験地が1/2と大幅にカットされたこともあり、レベル30への到達は比較的早くなったと思います。

このゲームはレベル30になってからがスタートラインだといわれています。レベル30以前ではチャンピオンの初期性能を強化する機能(ルーン・マスタリー)を一部しか利用できないため、操作技術以前にキャラクター性能差が若干ついてしまうという部分があるからです。レベル30になり、ルーンとマスタリーを揃えることでようやく、キャラクタースペックの差がない状態での戦いを始めることができるというわけですね。

 

これに関して少し話はそれますが、ルーンはゲーム内ポイント(IP)でしか購入することができず、マスタリーはサモナーレベルの上昇に伴い無料で設定可能になります。ルーン・マスタリーはいずれも無料で付け替えが行えます。マスタリーは無料で最大20ページまで自由に設定できるのに対し、ルーンは初期では2ページ分だけとなっており、必要に応じて課金orゲーム内ポイントで購入することになります。

また、基本的にルーンはサモナーレベル20~購入するのが良いとされており、AD(物理攻撃用)とAP(魔法攻撃用)それぞれ汎用ルーンを揃えるのにおおよそ13000IP程度が必要です。普通にプレイをしていればサモナーレベル20ぐらいまでに最低限を揃えるだけのIPは集まりますが、色々なチャンピオンをIPで買いあさっているとルーンが買えなくなるという事態が発生するので、最初は少し注意が必要です。

 

私はNAサーバー(North Amerika:北アメリカのこと)で事前に少しプレイをしていました。日本サーバーがオープンするに当たり、基礎からやり直すという意味もこめて新しいアカウントを作成しました。これから新入社員研修が始まるまでの短い間ではありますが、環境の良い日本サーバーで細々とプレイしていきたいと考えています。研修中はPCが自由に使えない環境ですので、LoLの再開は研修終了後ぐらいになるかと思います。もし一緒の試合になりましたら優しくしてくださいね。よろしくお願いします。