読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かげろう日誌。

日常生活や感想、LoLをはじめ趣味などについて細々と書いています。

LoLの話:初心者向けまとめ

LoL

前回の記事で書いた、オンラインゲーム「League of Legends」の、最もプレイされているゲームルールであるサモナーズリフトについて初心者向けの情報をいくつかまとめてみたいと思います。基本的なゲームの流れについてはチュートリアル等で体験できると思うので、試合におけるコツにポイントを絞って記載していきます。

私もまだ初めてさほど経っておりませんが、いただいたアドバイスや自分で考えたことを元につらつらと書いてみました。未来のサモナーLoLプレイヤー)の人たちにとって有益な情報となれば幸いです。

 

重要なポイント:お金を稼ぐ

このゲームでとても重要な要素は、お金を稼ぐということです。お金を相手より稼ぐことができれば優れた装備を先んじて手に入れることができ、圧倒的な性能の差で蹂躙することができます。相手が3発殴る分のダメージを自分が1発で与えられれば、棒立ちしていても勝てるというわけです。ではどのようにしてお金を稼ぐのでしょう。

 

・CS(雑魚敵のトドメ)を取る

お金を稼ぐ方法として一番手軽なのがCSです。相手と20CS差もつければ1キル分に相当する300g以上の資金差を作ることができます。ブロンズ~シルバー下位ぐらいであれば、CSをきっちり取ってさえいれば中盤から勝手に勝てるようになります。

CSを取る練習はカスタムゲーム(自分で部屋を立てる模擬戦ルール)がおすすめです。最初は敵チャンピオンは入れないで一人だけの試合を作るとよいでしょう。目安として、大体10分で80CSぐらいを取れるようになればGoodです。慣れてきたら敵チャンピオン(コンピュータ)を入れてもよいですね。

 

・チャンピオンのキル(アシスト)を取る

これもシンプルな方法です。敵を倒しさえすれば300gが無条件で手に入ります。しかも倒された敵はその間の経験値やCSをどんどん失っていくので、結果的には300g以上の差を作ることができます。

アシストとは、味方がキルを取ったときに援護していた人全員に入るボーナスを指します。たとえば全員で一人を殴っていて誰かがとどめを刺したとき、とどめを刺した人以外にもその貢献具合に応じてある程度お金が入ります。殴る以外にも、回復やシールドをつけてあげるといったサポート(アイテムでも可)でもアシストがつきます。

しかしよほど相手がミスをしない限り、普通にプレイしていてレーン戦(序盤)でキルを取るのは難しいでしょう。ジャングラーと呼ばれる、遊撃専門の役割を持った味方に助けてもらうのもひとつの手ですが、やはり事前にある程度相手のHPを削っておくことが不可欠です。そこで、「ハラス」が必要となってきます。

 

・ハラスをする

ハラスとは嫌がらせをするという意味で、つまり相手のチャンピオンを攻撃してHPを削るということです。極端な話、相手のHPを限界まで削ることができれば敵は前に出ることができなくなり、落ち着いて自分のCSを取ることができるようになります。ひょっとしたらキルが生まれるかもしれません。上手にハラスすることができれば圧倒的に経済的有利に立つことができるというわけです。逆に敵にハラスばかりされてしまい、反撃が十分にできていないと非常に苦しい状況に立たされることになります。

CSに慣れてきたら、このハラスを意識したいところですが、どのようにハラスを行えばよいのでしょう。一番シンプルな方法は「敵がCSを取るタイミングに攻撃をする」ことです。特に通常攻撃が遠距離タイプのチャンピオンの場合はこれが基本となります。敵に反撃されず、一方的に攻撃することができます。ここでスキルを合わせて当ててもよいです。

ワンポイントテクニックとして、「通常攻撃が発生した直後にスキル」を使うことで、通常攻撃後のモーションをカットして即座にスキル⇒次の通常攻撃とつなげることができます。こうすることで、最大で3ヒットもの攻撃を一瞬で繰り出すことができます。

ただし通常攻撃を用いたハラスには注意点があります。敵チャンピオンに通常攻撃をしたとき、近くに敵ミニオンがいた場合一斉に自分を攻撃してきます。ですので、攻撃を仕掛けるタイミングとしてはミニオンの数が同じぐらい、あるいはこちらのほうが多い時か、万一反応されてしまってもブッシュ(茂み)の中や味方ミニオンの背中に隠れられるような状態を確保してからにしましょう。ちなみに、スキルによる攻撃はミニオンは反応しません(通常攻撃扱いになるスキルを除く)。

 

稼いだお金を有効に使う:ビルド

ここまでお金の稼ぎ方を述べてきましたが、お金の使い方も重要です。このゲームにおける性能差は「レベル」と「装備」に大変強く依存しています。お互いに同じぐらいの育ち具合(レベル・お金)だったときにものを言うのは操作技術と装備構成です。特に装備構成を「ビルド」と呼びます。

ショップ画面でのオススメアイテムを買うのもいいですが、私は慣れてくるまではプロゲーマーが採用しているビルド構成を真似るのが最もよいと思います。

champion.gg

こちらは海外サイトですが、チャンピオン名で検索すると一番勝率のよい装備構成等が参照できます。アイテムのアイコン等だけ見ればよいので英語がわからなくても利用できると思います。

 

操作技術の向上のために

一人で練習できるCSと実戦で使うハラスや回避を含んだ技術は異なったものです。実戦では自分の性能に関する知識以外にも、敵のキャラクターがどういった性能を持つか(できれば自分の行かないレーンにいる敵味方の構成も)を知っておく必要があります。こればかりは経験しないと身につかないので、マッチングが明らかになった時点でWiki等でぼんやりと調べておき、体で覚えていくことになるかと思います。

私のオススメは待機中にYoutubeで目的のチャンピオンの試合動画を調べることです。これで最低限のコンボ(スキルのつなぎ方)などを映像としてみておくことができます。これは自分の使うキャラについても同様です。いわゆる王道コンボのようなものは大体どのチャンピオンも用意されているので、まずはこうした基本プレイを実戦で使えるように意識してみるとよいかと思います。

まず最大火力を出せるパターンを身に着けることができれば、後はどのタイミングでそれを使うかを学べばよいことになります。また、同じチャンピオンを敵に回した場合でも何をされたら困るかがわかっていると対処も容易となるでしょう。このように柔軟性を身に着けていくことで、操作技術は自ずと向上していくものと思います。