読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かげろう日誌。

日常生活や感想、LoLをはじめ趣味などについて細々と書いています。

誘拐事件について考えます

今年2016年は年明け早々SMAPの解散騒動やら高速バスの事故、ベッキーさんや乙武さんらの不倫騒動、野球賭博、粉飾決済、世界規模でのテロ過激化など連日のように様々な事件が発生しています。

今日は女子学生の誘拐事件が大きく取り上げられており、これについて考えています。(事件の詳細については以下Neverまとめリンクを参照)

matome.naver.jp

 

まず大前提として、子供の誘拐は卑劣な行為であり、到底許されるものではないと思います。容疑者とされる男性はまだ正式に犯人と断定されてはいませんが、名前や経歴等がバンバン公開されています。

各種報道では”オタクが性犯罪に走った”としてセンセーショナルに取り扱われていますが、ネット上では女子学生側にも問題があるのではないか、という声も上がっているようです。これは女性が拘束等がされていない2年間もの間、男性の部屋に滞在し続けていたとする物的証拠や近隣住民の声などを根拠としているようですが、真実のほどは定かではありません。いずれにせよ被害者(加害者も)が第三者の好奇の目に晒されるのはあまり好ましいことではないと私は思います。まして、ただでさえつらい思いをした被害者が更に叩かれるなんていうのはあまりにもひどい仕打ちでしょう。しかし、子供が必ずしも常に善良な被害者であるとは限らないという意味では考えさせられるものがあるとも感じています。

いまどきインターネットには無数の情報が飛び交っています。例えば「2年前に失踪して現在何歳の○○県の学生」なんて情報になれば地元の人間であればすぐにでも気がつくことでしょう。そしてその情報はあっという間に実名となって広がってしまいます。報道では名前が出なかったとしても、結果として同じことになってしまいます。

私は、被害者はもっと情報の目から守られるべきであると考えます。これは報道倫理の問題です。従ってテロ事件などの緊急性を伴う凶悪事件を除いて、私人のトラブルについては憶測で事態を騒ぎ立てないであげてほしいと思います(先日の乙武さんのような公人はまた勝手が違うかと思います)。事件が明らかになっていない段階で騒ぎ立てるのは加害者・被害者どちらにとってもデメリットばかりであるように思うからです。無関係の視聴者はゴシップとして楽しめるかもしれませんが、ネタとなった当事者はいずれも社会的立場を駆逐されてしまいます。そうすると彼らの社会復帰は著しく困難になりますから、結果的に我々の生活を脅かすようになる可能性も否めないのです。ひょっとしたらいつか自分自身がその「当事者」になってしまうかもしれません。

真実を知りたい、興味の集まるような情報を拡散させたい、といった需要・供給と、それに伴ったモラルというのは共存の難しい問題であると思います。しかし私は今回の事件をひとつのゴシップとしてではなく、何か別の視点で考えさせられるような気がしています。

 

また別の機会に、本文中で取り上げた「子供が善良な被害者とは限らない」という問題について記載したいと思います。

猫避け機械の効能と思わぬ弊害

 家の付近に猫が何匹か暮らしているのですが、彼らのフンを避けるためか、最近になって猫避けの機械が設置されたようです。

 

ユタカメイク GDX‐M ガーデンバリア (ミニ)

ユタカメイク GDX‐M ガーデンバリア (ミニ)

 
ユタカメイク ガーデンバリア GDX

ユタカメイク ガーデンバリア GDX

 

 

こちらの商品です。これは庭に設置する超音波装置で、動物の嫌がる音を出すことで敷地への侵入を防ぐというものです。動力は電池式で、上記レビューにも書いてありますが一度の電池でノーメンテナンスで何ヶ月も動くタフガイとのことです。

効果のほどはかなり大きいです。導入以降、多かったフン害がぴたりとやみました(猫には若干罪悪感がありますが…)。

デメリットと言えば敷地内で猫を見かけなくなってしまったことと、設置箇所によっては甲高いキーンという聴力検査ような音が聞こえてきて若干違和感を覚えるといったことですね。私の場合は自室から近い位置に設置してあるため、時折超音波が聞こえてきます。この音は以前話題になったモスキート音と似ているらしく、どうも年配の方々には聞こえないようです。人によってはデメリットらしいデメリットはないのかもしれません。

私も引越し先で動植物によるトラブルがあるようであればこうした専用の対策グッズの購入を検討してみたいと思います。

 

卒業しました

先日私の大学で卒業式が行われました。卒業証書を受け取り、本当に学生生活が終わるということを実感しています。ともあれ、実は単位計算が間違っていて留年した!なんてハプニングは起こらなかったことを喜びたいと思います。

 

式典と存在の必要性と私の悩み

私は卒業式は好きです。普段はその他大勢の一人に過ぎない私が主人公としてその場にいることを許される日だからです。

私は日常において、自分自身の存在理由、存在の必要性のようなものを考えることがあります。そして考えた結果、そんなものは存在しないという結論に行き着きます。「特定の個人がそこにいなくてはならない」というのは、とても限定された状況だと思います。まして技能も経験も乏しい学生ならなおさら起こりにくいでしょう。そこにいるのが当たり前で、疑問を抱くほうが変なのだと理屈では理解しています。単純に私自身が考えすぎなのだと思います。

そんな私だけに、卒業式というイベントは「私(たち)のために準備され、そこにいることを許され、祝福される」という意味でとても安心し、心地よく感じるのだと思います。

原因は青春の思い残し?

これはサービスを享受する側であることがうれしい、と言い換えることもできるでしょう。従って私の感じる不安のようなものは、極端に言えば「かまってもらえなくなって寂しい」なんて子供じみたものに通じる部分があるのだと思います。

確かにそうした指摘はある意味で正しいと感じます。これまで私が周りの大人たちにそうしてもらってきたように、これからは私が次世代の子供たちを支える番が来た、ということです。私が純粋にこの事実を受け止め切れていない理由は、私の子供時代に思い残しが多かったからだと思います。

サービスを供給される側だったときに十分その機会を活かしきれないまま機を逸してしまい、これからは「これまでに受けてきたサービスを次世代につなげる」ことを求められる部分でエラーが生じているのだと思います。

私は小学校~高校生ぐらいまでの間に様々な経験をしてきました。しかしそれらの多くはインターネットに関連したもので、いわゆる青春とは程遠く、年頃の人間が経験するような思い出が薄かったという意味で思い残しがあると考えています。

デジタル・マイノリティ

現代の子供たちはデジタル・ネイティブと呼ばれるように、幼いうちよりインターネットと深いつながりを持つのが自然となっていますが、私のころの周りはそうした人々は少数派だったように思います。私自身は当時の子供たちが年相応に興味を持ち、盛り上がり、思い出を作っていたような物事全般に興味を持たず、関わらない「デジタル・マイノリティ」でした。当時の私は同世代の友人と交流するより、子供でも大人と対等に会話のできる匿名インターネットのほうが刺激的に感じていました。こうして得た知識や経験は私独自の感性を作ることに寄与し、今の私を形作るベースとなりましたし、このことについて満足もしています。しかし代償とした青春の重さについて、このぐらいの年齢になって少し…まぶしく見えているのだと思います。言葉にしてみるとなんとも情けなくて、少し笑ってしまいます。

答えのない問いという自覚

何を言ったところで時間は不可逆ですから、意味のない悩みであることは承知しています。仮に私の言う「充実した経験」を子供時代に過ごしていたとしても、その後また別の悩みを抱えるというのは想像に難くありません。これらの悩みは所詮「ないものねだり」であって、無意味なものです。そもそも、私は私の人生を悪くないと思っているので、この悩みというのはすごく目的の不明なぼんやりとしたものになっているのです。

いずれにせよ仕事が始まり、今日明日を生きることに忙しくなればこんな悩みもどこかに吹き飛んだまま過ごすでしょう。そして気がつけば何年も経過しているのです。人生というのはえてしてそういうものではないかと考えています。

次世代の人々への教訓

さて、卒業にあたり「学生≒サービスの享受側の終了」という人生におけるひとつの大きな転機を迎えたわけですが、私が残す次世代の学生たちへの教訓(?)が3つあります。それは、「(公共の福祉の範囲内で)自分の好きなように生きること」で、具体的にしたいことが不明瞭な人については「自分と同年代の人々と同じような経験を積むこと」です。それと可能であれば「学業成績を高く維持する」ことも大切だと思います。

 

私のような人生は必ずしも満足ばかりではありませんが、私は概ね満足しています。100%の満足なんてものは有り得ないのですから、最大幸福を目指すという意味で自分の責任の取れる範疇で自由に生きるのはとても良いことだと思います。

同年代で流行していることというのは年齢を重ねると経験できなくなる、あるいは経験済みであることを前提に社会が準備されていることが少なくありません(例えばファッション・お化粧など)。ですから特にこだわりがなければ、とりあえず周りに合わせるというのは非常に合理的な選択です。

学業成績については賛否あると思いますが、こちらもこだわりがなければ高いことに越したことはありません。なぜなら学業成績は進学と関連が強く、進学は人生における豊かさにとても強く影響する要因であると思うからです。成績が高ければ様々な可能性が広がります。成績というのは知識・教養であり、これらがあれば進学以外のあらゆるフィールドで効果を発揮するはずです。もちろん全てがそうとは限りませんが、少なくとも学生身分が長くなるというだけでも大きなメリットがあるかと思います。

 

明日には出発の準備を終え、住み慣れた家を離れることになります。しばらくPCのない環境になりますが、ここの更新は何らかの形で継続できればと思います。

乙武さんの不倫騒動を受けて考えます

五体不満足」の本に始まり、タレントとして活躍されている乙武さんの不倫騒動が報道され、物議を醸しています(引用・詳細はURL参照)。

news.yahoo.co.jp

五体不満足』の著作で知られ、参院選出馬が注目される乙武洋匡(ひろただ)氏(39)の不倫を「週刊新潮」3月24日発売号が報じている

 

不倫に対する考えと世論について

私は不倫はよくないことであると思います。これは個人的な感情としてだけでなく、日本の法律的にもNGと決められていますから、白黒つけるなら黒であることは疑いようのない事実であると思います。

その一方で「不倫(悪いこと)をした!処罰すべき!」などと部外者が騒ぎ立てる風潮にも疑問を抱きます。もちろん今回の騒動は出馬も検討されているような、いわゆる”公人”のスキャンダルですからゴシップとして面白いという部分があるのは否めません。しかしそれでも、個人のしでかした問題を全体として取り立てて騒ぐというのはなんとなく筋が違うように思えてしまいます(内内で秘密裏に解決すればよい、という意見ではありません)。まして「極刑にすべき!」などの量刑にまで言及するような意見は気持ちには同意する一方で首を傾げざるを得ません。

 

不倫=悪の理由は?

私は不倫=悪いことと自然に考えていますが、ふと振り返ってみると不倫(浮気)はいけない!とどうして感じるのか疑問を覚えたので、私なりにその理由を考えてみました。

ひとつは「パートナーに対する裏切りであるから?」ではないでしょうか。結婚において、特定の個人と一生を共にする…ような契約(未婚ですのでわかりません)を結ぶのだと考えました。そうであれば、パートナー以外の人間と関係を持つというのは重大な契約違反です。気持ちとしても、ルールとしても許されるべきでないというのは非常に納得できます。もし他の人と関係を持ちたいのならば離婚をしてからにするか、結婚時に取り決めをしておくべきということでしょう。

ここまでの話では同じ不貞行為という意味で不倫と浮気を同列に表現しましたが、法的に明確にNGなのが不倫だけである理由はこの契約関係に起因するように思います。

ふたつめは「人間は理性の生き物とされているから、本能のまま性欲に負けてしまうというのが許されない?」と考えました。本能に負けてやりたい放題にすることは、社会や秩序を形成する上で認められるものではありません。従ってこうした行為は”罪”として定義し、罰則を設けた…のかもしれません。

いずれにせよ、今の日本では法律的に既婚者の不貞行為はNGですから、しかるべき処罰を受けるべきという部分に変わりはありません。

 

不貞は他人ごとではない?

私も今後すてきな方と出会えば交際をし、その先に結婚や子供等も有り得るかもしれません。その中で、浮気・不倫といった出来事も起こりうるかもしれません。私たちは私人ですから、乙武さんのような大事にはならないでしょうが、よくないことに変わりはありません。リスクが膨大であるこんな人ですら不倫をしてしまうのですから、私たちはゴシップを楽しむだけにとどめずに、パートナーを大切にする気持ちを忘れずに生活していきたいものです。

 

 

マウスを新調しました

自宅で使用しているPCのマウスの調子が悪くなっていたため、通販で新しくマウスを購入しました。

 

こちらロジクール社のG500sです。いわゆるゲーミングマウスと呼ばれるもので、普通のマウスと大きく異なる特徴は、ボタンが左右クリック以外にもたくさんついていることと、各種ボタンに対応したキーや操作を利用者が任意で作成・設定できるという部分ですね。私はゲームをプレイしたり、様々なデータ等を見ることが多いのでサイドボタンでキー処理やデータ操作が手軽に行えるこういったマウスを愛用しています。

 

ゲーミングマウスは激しい使用環境にも耐えられるように設計されており、ゲーム以外の場面でも安心して長期利用できるというのもポイントです。具体的にはコード部分を布でコーティングして断線を防ぐようになっていたり、手垢による汚れがつきにくい・目立ちにくくなるように表面の加工や色合いにも気を配って作られていたりしますね。

また、ロジクールのマウスに多く見られるのは手のひらにあたる部分にあるボタンです。これはスクロール用に使うホイール(コロコロするボタンです)の回転速度を2段階に調整できるボタンで、画期的な機能だと思っています。ホイールが車輪のように滑らかに回転し続けるモードと、通常のマウスのように一定間隔でボコボコと回転するモードの2種類をワンタッチで切り替えることができます。大量にスクロールが必要になる場面では前者の機能が大活躍します。

 

私はこのロジクール社をとても気に入っています。手厚いユーザーサポートがあるからです。以前同社のマウスを使用した際に、購入から何年も経った後に故障したにも関わらず保証書を元に新品との交換対応をしていただき、感激したのを覚えています。そのときから「次回はロジクールの新型マウスを購入したい」と思っていたので、ある意味でちょうど良い機会だったかもしれません。

ロジクール社の製品は壊れやすいという話を耳にしたこともありますが、少なくとも私が触ってきた中では正規に利用していて短期間で破損するようなことはありませんでした。マウスやキーボード等のデバイスはどこの製品であっても壊れやすいものですし、当たり外れがあるということじゃないかと考えています。

新生活環境ではPCがないためあと1週間ほどでお蔵入りとなってしまうでしょうが、その後の一人暮らしではきっと活躍してくれることと思いますので、大切に使っていきたいです。

新生活の準備をしています

学校のほうの手続きもほとんどが片付きましたので、社会人としての新生活へ向けた準備を進めています。私が入社する会社ではおよそ2ヶ月程度研修用の環境で生活することとなります。この間はPC等が自由に使えないとのことですので、ひょっとするとブログの更新も滞るかもしれません。

今日は引越しの準備として滞在先へ私物の発送を行いました。私物といっても衣類等の最低限のものだけですが、少しわくわくするような緊張するような、そんな複雑な気持ちになります。

最近様々な方々とお食事の機会がありまして、ある社会人の大先輩とお話をした際に興味深いアドバイスをいただきました。それは人生の計画として、10年程度の広いスパンでぼんやりとした展望を持つということです。私はまだ今日明日を生きる(あるいはやめる)ことに精一杯ですが、社会人生活はこれまでと異なり節目となる期間が遠い・不定期でしょうから、長いスパンで目標を立てるというのは非常に良いことのように感じました。

そこで最近は私の10年後について思いを馳せています。家庭を持っているのでしょうか。健康に生きているでしょうか。英語が必須になっているのかもしれません。私としては自身の生活基盤を整えて、ある程度まとまった資産を持てたらよいなと考えています。可能であればサボテンでも育てたいですね。

10年後なんていうとすごい遠いことのようにも感じますが、これって小学生時に埋めたタイムカプセルと同じぐらいの時間なんですよね。小学生のころと違って、ある程度できることや人生の道筋は定まっていることと思いますから、今の私の10年後というのは現実的なものになるのだと思います。私のサボテンというのは、大人なりのユメになるのでしょうか?

LoLのお話:サモナーレベル30になりました

League of Legendsの日本サーバーでのサモナーレベル(アカウントのレベル)がついに上限の30になりました。これからは保有チャンピオンを増やすことでランク戦と呼ばれる公式戦へ参加することが可能になります。先日のアップデートでレベルアップに必要な経験地が1/2と大幅にカットされたこともあり、レベル30への到達は比較的早くなったと思います。

このゲームはレベル30になってからがスタートラインだといわれています。レベル30以前ではチャンピオンの初期性能を強化する機能(ルーン・マスタリー)を一部しか利用できないため、操作技術以前にキャラクター性能差が若干ついてしまうという部分があるからです。レベル30になり、ルーンとマスタリーを揃えることでようやく、キャラクタースペックの差がない状態での戦いを始めることができるというわけですね。

 

これに関して少し話はそれますが、ルーンはゲーム内ポイント(IP)でしか購入することができず、マスタリーはサモナーレベルの上昇に伴い無料で設定可能になります。ルーン・マスタリーはいずれも無料で付け替えが行えます。マスタリーは無料で最大20ページまで自由に設定できるのに対し、ルーンは初期では2ページ分だけとなっており、必要に応じて課金orゲーム内ポイントで購入することになります。

また、基本的にルーンはサモナーレベル20~購入するのが良いとされており、AD(物理攻撃用)とAP(魔法攻撃用)それぞれ汎用ルーンを揃えるのにおおよそ13000IP程度が必要です。普通にプレイをしていればサモナーレベル20ぐらいまでに最低限を揃えるだけのIPは集まりますが、色々なチャンピオンをIPで買いあさっているとルーンが買えなくなるという事態が発生するので、最初は少し注意が必要です。

 

私はNAサーバー(North Amerika:北アメリカのこと)で事前に少しプレイをしていました。日本サーバーがオープンするに当たり、基礎からやり直すという意味もこめて新しいアカウントを作成しました。これから新入社員研修が始まるまでの短い間ではありますが、環境の良い日本サーバーで細々とプレイしていきたいと考えています。研修中はPCが自由に使えない環境ですので、LoLの再開は研修終了後ぐらいになるかと思います。もし一緒の試合になりましたら優しくしてくださいね。よろしくお願いします。